演劇部の財産              


演劇部の練習場所「智徳館」の器具庫が演劇部の部室になっています。その中には過去の大会における台本、ビデオ、照明や音響のための資料、そして昔の部員たちの手作りのドレスなどが保管されています。次の大会で使うための木材、工具セット、メイク道具…狭い部屋の中には収まりきらないほどですが、これも演劇部に受け継がれたものと思って、代々大切に使っています。そして我が部の最大の財産は「個性的な部員」です。部員数はそれほど多くありませんが、部員一人一人が、重要な役割をもってます。 また引退された先輩方も貴重な財産です。引退された後も、ときどき、部室を訪ねてくださり、私たちにアドバイスと元気をくれます。先輩のアドバイスは本当に参考になり、感謝しています。