2013年文化祭

2013年の文化祭
 虎姫高校の2013年の文化祭は、クリエイティブの部の2日と体育の部1日の3日間で、7月中旬に開催されました。科学探究部では、今年の文化祭のスローガン「百花煌逢」にそって、「光」をテーマに、クリエイティブの部の2日間、1階の第7講義室で展示を行いました。その展示をいくつか紹介します。
立体万華鏡
 万華鏡というと、円柱状で先のほうにビーズ等が入っているものを想像します。私たちは今回、円柱の万華鏡ではなく、立体万華鏡を作りました。
 立体万華鏡は、ポリカーボネート製の鏡でできており、それらにキズをつけたり、色つきのセロファンを当てたりして透過光による模様をつくり、それを内部の鏡面に映して楽しむものです。下の写真は立体万華鏡を覗いた写真です。ね、きれいでしょう。

虹ビーズ
 雨上がりしか見れない虹...そんな虹をいつでも見られるようにしたのがこのアイテムです。
 虹ビーズの作り方は、黒画用紙にスプレー糊で虹ビーズを貼り付けます。そして、そこに光を当てると左の写真のように、きれいな円状の虹が浮かび上がります。
目の錯覚
虎姫高校の教室に配備されている電子黒板を利用して、目の錯覚の展示を行いました。この展示は、あらかじめパワーポイントで目の錯覚をまとめたスライドを作り、それを電子黒板に映し出して来ていただいた方に自由に触れるようにしました。
振り子
長さの違う振り子をいっせいに振ると少しずつゆれがずれていきますが、ある時に再びそろいます。昨年の流用です。



TOPへ